qq.jpg

2017年2月限定ブッダビューIDCプロモーション

IDC + MSDT + 宿泊 + 交通費込み 18万9600円!!


get-go-pro-300x200.png


今回だけのIDCスペシャルプロモーション!!
通常価格29万7600円が→→→ なんと!18万9600円
2017年2月7日から始まるIDCにのみ適応。
この機会に夢のダイビングインストラクターになって、がっつり経験も積んで出来るイントラ目指しませんか!?
やる気のある方大募集です!!!

イントラになったら3~5月末まで3か月間のインターンシップ込み!!


IEに受かってイントラにはなれたけど、実際にはどうやって講習するの?
現場で働くスタッフの講習アシストからスタートし、各コースの教え方や安全にお客様を楽しませる方法を学べます。
海を潜るだけがインストラクターの仕事ではありません。実際の仕事を手伝いながら学科・プール講習、海洋実習、水中ガイド、お客様への接客、対応、事務、雑務を含め、イントラとして必要なスキルが身についたら、実際にコースを担当して認定まで。
お客様と触れ合うことで生徒ダイバーを育てる楽しさや、たくさんの感動を経験を得られるはずです。

このプロモーション価格18万9600円でのコース受講は2月7日のIDC~5月末までの期間タオ島滞在が必須となります。
IDCのみ受講または期間未満でのインターン希望の場合も今回のみのスペシャルプライス設定あり↓↓↓
26万5600円!!
滞在期間はご相談くださいませ。


IDC 参加の条件


  1. PADIダイブマスターもしくは他団体の同等資格を持つ方
  2. 最小限経験ダイブ本数100本以上(講習期間中に100本になる程度でも構いません。お問い合わせください。)
  3. 18歳以上であること。(未成年者の場合は保護者の同意が必要です)
  4. 病歴診断書に該当する項目が無い事。(IDC受講前に健康診断に行って頂き、医師の診断書をお持ちください)


  ※申請にはクレジットカードが必要になります。

料金 18万9600円(5月末までインターン付き) 26万5600円(IDCのみ) 


≪上記料金に含まれるもの≫

  • PADI IDC インストラクター開発コース(AIコースも含む)
  • プレIDC 参加費用
  • EFR インストラクターコース
  • 講習用全教材(IDC、EFRIコース他、全て)
  • Emergency Oxygen Provider インストラクターコース
  • Enriched Air Nitrox インストラクターコース
  • 5スペシャルティーインストラクターコース
  • IDC期間中の昼食
  • コース期間内のダイビング費用(ダイビング器材レンタルも含む)
  • 1ヶ月までの宿泊代金(完全個室・FAN、冷蔵庫付きのわりと新しいアパート)
  • バンコクまたはサムイ島からタオ島までのバス&ボートチケット代金



≪含まれないもの≫

    PADIへの申請料とIE試験費用

  • IDC 修了申請費 $ 238 AUD(オーストラリアドル)
  • インストラクターエグザム費用 $ 825 AUD
  • EFRインストラクター申請費 $ 164 AUD
  • スベシャルティインストラクター申請費 各々$ 94 AUD


※ 日本からバンコク、またタイ国内移動の飛行機のチケット代は含まれません。
※ その他、現地での食費、生活費は実費負担となります


LinkIconタオ島までの交通について(行き方や料金など詳細)


LinkIconタオ島インフォメーション 食費や生活用品のお値段など

MSDT コース  


5種類のスペシャルティインストラクター取得コース 期間は3日間

MSDTコアSP 2種

  • Deep Diver Specialty Instrctor
  • Under Water Navigation Instructor

選択可能SP 以下より3種類お選び頂けます

  • Under Water Digital Photographer Instructor
  • Night Diver Instructor
  • Wreck Diver Instructor
  • Aware Fish Identification Instructor
  • Under Water Naturalist Instructor

その他のSPIはご相談ください。

IDC スケジュール


2017年2月7日よりプレIDCからスタートとなりますので、前日までにはタオ島入りが必要です。
IDCは2月20日まで、その後のIE(インストラクター試験)が21日~22日の2日間となります。
IE合格後3日間ほどで5スペシャルティーインストラクターコース(MSDT)の終了の予定です。
晴れてインストラクターに合格!!!
したならその後は出来るイントラになるべく!約3か月間のインターンシップスタートです。
このコースへの参加は5月末までのタオ島滞在が必須となります。

IDC 2017年 IDC プレ IDC IE 英語コース 日本語コース
1月 3~4 4~16日 17~18日 開催 開催無し
2月 7~8日 9~20日 21~22日 開催 開催予定
3月 7~8日 9~20日 21~22日 開催 開催無し
4月 11~12日 13~24日 25~26日 開催 開催無し
5月 9~10日 11~22日 23~24日 開催 開催無し
6月 6~7日 8~19日 20~21日 開催 開催可能
7月 4~5日 6~17日 18~19日 開催 開催可能
8月 8~9日 10~21日 22~23日 開催 開催無し
9月 5~6日
7~18日 19~20日 開催 開催無し
10月 3~4日 5~16日 17~18日 開催 開催可能
11月 7~8日 9~20日 21~22日 開催 開催可能
12月 5~6日 7~18日 19~20日 開催 開催可能



タオ島滞在 モデルスケジュール

IDC参加にあたり、最短でIDCプレ開始前日~IE終了翌日までの期間以上のタオ島滞在が必要です。

タイVISA無し1ヶ月滞在でのモデルスケジュール
(日本人はタイの国際空港から入国した場合、30日間はVISAが免除されます)
 ※ IDC開催の前日までにタオ島にご到着ください。

 ≪ 例: 2月7日より IDCプレ開始の場合 ≫

※2月4日入国の場合は、タイ滞在期限日は3月5日となります。VISA延長については別途相談。
※バンコクからバスと船で来られる場合のプランです。

  • 2月4日:バンコク到着 宿泊(自己負担)
  • 2月5日:早朝6時発 タオ島行き→5日午後3時頃 ブッダビュー到着
    • 午後9時発夜行 タオ島行き→6日午前10時 ブッダビュー到着
  • 2月6日:宿泊先選定日。準備日
  • 2月7日〜10日:プレIDC。
    • チェックダイブ、オリエンテーション、学科講習など。
  • 2月11日〜20日:IDCコース(この間、休日もあります)
  • 2月21〜22日:IE 夜はビーチバーで合格パーティー♪♪
  • 2月25日:休日(ファンダイブは無料です)
  • 2月26日〜28日:MSDTコース
  • 3月1日~5月末まで:インターンシップ

バンコク経由サムイ島まで飛行機で来られる場合は、
選ぶ時間帯に寄ってはタオ島到着日が1日早くなります。
出発日は最終ダイビング終了時刻から、飛行機搭乗まで18時間の休息時間を考慮してください。


バンコクからのバス+フェリーのジョイントチケット、
またはサムイ島からのフェリーのチケットの予約手配します。
詳しくは下記のHPをご参照いただき日本からの接続の良い便を指定ください。

LinkIconタオ島までの交通 チケット料金など

※注意:弊社では日本—タイ間の飛行機チケットの手配は行っておりません。


idc5.JPG

idc4280.JPG

ページの先頭へ

よくある質問 Q&A 

気になる質問のQ:をクリックして下さい。回答が見られます。

Q:滞在中の宿泊先について

ブッダビュー周辺にはゲストが宿泊する日割りの(1日いくらの)宿と、長期滞在者が利用する月極めの宿があります。タオ島で生活を送るインストラクターなどのスタッフの多くはショップから歩いて5分~10分ほどの距離にある月極めの宿を利用しています。
お部屋の広さや設備により金額も様々ですが、FAN/水シャワー1カ月7000B~8500Bほどが相場です。(1泊700Bくらいの宿と同等レベルの部屋です。)
このコースの最初の1ヶ月間の宿泊先も同等のお部屋となります。
エアコンルーム希望の場合は+2万円でアップグレードも可能。

最初の1ヶ月が終わって5月末までのインターンシップ期間はご自身でお部屋を借りることになります。
最初のお部屋にそのままステイも可能ですし、違うお部屋に移ることもできます。1ヶ月の間にいろいろとみてみるといいですね。


Q:1カ月滞在した場合の生活費はどのくらいかかりますか?

宿泊先の金額や過ごし方で大きく変わってくるものですが、普通に暮らして1カ月6万円~7万円ほどではないでしょうか?
ビールやタバコなどの趣向品の摂取量によってはもっと必要な人もいるかもですが。
家賃を1カ月8000Bとして、食費などの生活費を1日500B×30日と計算しても合計=22000Bほど。
もっと少ない金額での生活も可能だと思います。
日本では考えられないほど安いです。
タイならではの金額で生活出来てしまうのもタオ島の魅力ですね。

詳しくはタオ島の物価のページをご参照ください。


Q:5月末までのインターンシップ滞在ができない場合は?


通常料金のお支払いを頂くことになります。通常料金は297600円です。

例えば家庭の事情などにより急遽日本へ帰国しなければならなくなった場合などは、一定期間内に以内に戻って来てコースを再開するなど相談に乗ります。



Q:持っていくと便利なものはありますか?


生活に必要なものはたいがい何でも現地調達が可能です。
月極めのお部屋にはタオルや石鹸、シャンプーなどは付いていませんが、タオ島で購入できるので特に持ってくる必要はありません。

やはりちょっと長めの滞在になってくると何より恋しくなるのが日本食だったりします。簡単に日本を感じる「ふりかけ」や「お茶漬け」「お味噌汁やスープ類」などは意外と重宝しますよ!

その他、特に女性の方は日本の日焼け止め(ウォータープルーフ)など日焼け防止対策は日本からの持ち込みをお勧めします。
タイでの日焼け止めはすぐに落ちやすく、イイものが無いです。

天気の関係で雨や風の強い日はダイビング後に寒くなる事があります。
ボート上で羽織るための上着などを用意してくる事を強くお勧めします。

ページの先頭へ



|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|


※ ダイビング参加にあたってのご注意!!必ずお読み下さい


ダイビングをする為には健康状態が良いことが絶対条件です。
※風邪をひいているだけでもダイビングは出来ません。体調管理は各自十分にしてくださいね。

以前に病気や持病により手術を受けられたことのある方は完全完治、医師の承諾が必要です。
※特に心臓、肺、気管、脳、耳などの疾患
LinkIcon病歴診断書にYESの項目がある場合は医者の診断書が必要です。ご確認下さいませ。

未成年者の方のコース参加には、保護者様の承諾、同意書(形式は問わず)が必要です。

ダイビング前に行うブリーフィング(説明)をよく聞いて、ルールは絶対に守ってダイビングをして下さい。自分勝手な行動は事故の原因となります。

ダイビング終了時刻より18時間以上の時間が経ってからでないと飛行機に乗る事が出来ません。
ダイビング後の同日サムイ島⇒バンコクへの飛行機移動は不可能です。
移動の計画は十分ご注意ください。