エマージンシーファーストレスポンス

PADI レスキューコース + EFR

所要日数 3日 / 14,000バーツ

※上記料金にはコース認定までに必要なすべてが含まれています。

 
実際ダイビングは安全なスポーツで、ダイバーがしっかりとルールを守っていれば事故に遭うことはめったにないことだとおもわれますが、ダイビングは大自然を相手とする遊びなので時として予想外のアクシデントやトラブルに遭遇する可能性もあります。そんな時のためにすぐに対処できる知識を備えるとともにトラブルを未然に防ぐ能力や水中での捜索方法、救命方法等を身に付けます。レスキュー・コースを受講することは他のダイバーをアシスト、救助できるスキルを身に付けるだけでなく自分自身のセルフレスキュー能力や、より安全性の高いダイビングを安心して楽しめる実践的なスキルを高めます。目指せ頼れるダイバー!!

レスキューコースのみの受講  10,000バーツ

アドバンスコースから継続して受講される場合、または過去にブッダビューでコースを受講された方はWEBから予約されるとレスキューコース1000バーツ引き!!
 
レスキュー認定にはEFR認定も必須です。
エマージェンシー・ファーストレスポンス(EFR)プログラムは海だけでなく職場や家、出先などでも充分に対応できるファーストエイドなどの基本的スキルを学びます。
さらに心配蘇生法(胸部圧迫)の練習に加え実際の現場を想定したシナリオを演習した「応用」までを講習に含めています。応用課題をこなすことによって習ったことがより強固なものとなっていき「いざ」という時に可能な限り対応ができる能力、実際にベストを尽くせる能力を身につけることができます。
ダイバーじゃない方でも気軽に受講できるコースです。

EFRのみの受講 4,000バーツ(EFRは継続受講割引はありません)

 

 
レスキューダイバーマニュアル
EFR

所要日数 3日 / 14,000バーツ

※上記料金にはコース認定までに必要なすべてが含まれています。

 
実際ダイビングは安全なスポーツで、ダイバーがしっかりとルールを守っていれば事故に遭うことはめったにないことだとおもわれますが、ダイビングは大自然を相手とする遊びなので時として予想外のアクシデントやトラブルに遭遇する可能性もあります。そんな時のためにすぐに対処できる知識を備えるとともにトラブルを未然に防ぐ能力や水中での捜索方法、救命方法等を身に付けます。レスキュー・コースを受講することは他のダイバーをアシスト、救助できるスキルを身に付けるだけでなく自分自身のセルフレスキュー能力や、より安全性の高いダイビングを安心して楽しめる実践的なスキルを高めます。目指せ頼れるダイバー!!

レスキューコースのみの受講  10,000バーツ

アドバンスコースから継続して受講される場合、または過去にブッダビューでコースを受講された方はWEBから予約されるとレスキューコース1000バーツ引き!!

 
レスキューダイバーマニュアル

レスキュー認定にはEFR認定も必須です。
エマージェンシー・ファーストレスポンス(EFR)プログラムは海だけでなく職場や家、出先などでも充分に対応できるファーストエイドなどの基本的スキルを学びます。
さらに心配蘇生法(胸部圧迫)の練習に加え実際の現場を想定したシナリオを演習した「応用」までを講習に含めています。応用課題をこなすことによって習ったことがより強固なものとなっていき「いざ」という時に可能な限り対応ができる能力、実際にベストを尽くせる能力を身につけることができます。
ダイバーじゃない方でも気軽に受講できるコースです。

EFRのみの受講 4,000バーツ(EFRは継続受講割引はありません)

 

レスキューダイバーコース海世実習

アドバンスコース日程プラン(最短2泊3日)

day 1

午前:タオ島へ到着

午後:チェックダイブ&ファンダイブ

day 2

午前:ビデオ学習 +EFR

午後:プール講習

day 3

午前:学科+テスト

午後:海洋実習 コース修了認定

 
コースに入る前に、忘れてしまいがちな器材セッティングの仕方や、水中サインやスキルの復習などダイビングの感を取り戻すためのダイビングです
久々のダイビングは大丈夫だと思っていても意外と緊張したりするものです。
翌日からの外洋ダイブに安全に安心して潜る為のリフレッシュダイブがチェックダイブです。
アドバンスコースではディープダイブもある為、チェックダイブでエアー(残圧)の減り具合や現状スキルや必要ウエイトの重さなどのチェックが重要になります。
午後に行く穏やかなダイブサイトで感を取り戻して、その後のダイビングを最大限に楽しむための準備をして下さいね。
 
1. ブランクが半年以上の方
2. 器材セッティングを忘れてしまった方
3. 経験本数が50本未満の方
4.不安がある方
5. 初めてブッダビューをご利用の方

 
必ず必要なのは『水着』です。
あとは、普段ビーチに遊びに行くようなイメージで考えてもらえれば解りやすいでしょうか?
日焼け止め(特に女性は必須)、ビーチサンダル、サングラスetc・・・
自分には必要だな!と思うモノさえあればOKです。

風が強い日など天候があまり良く無い日は、ダイビング後寒く感じる事があります
パーカーやタオルなど羽織る物があると重宝します。

 
いいえ、出来ません。レスキューコースの海洋実習は午後ダイブに開催となっています。午後タオ島発のバンコク行きのボートはPM14:45発、
サムイ島へはPM15:00なのでどちらもお時間的に間に合いません。
ナイトボートご利用以外は翌朝以降の出発となります。

ダイビング終了後18時間以上経ってからでないと飛行機に乗る事は出来ませんのでご注意ください!!

※ダイビング参加にあたってのご注意!!必ずお読みください。
 
PADI logo

ダイビングをする為には健康状態が良いことが絶対条件です。
 ※風邪をひいているだけでもダイビングは出来ません。体調管理は各自十分にしてくださいね。  
以前に病気や持病により手術を受けられたことのある方は完全完治、医師の承諾が必要です。
 ※ LinkIcon病歴診断書.pdfにYESの項目がある場合は医者の診断書が必要です。ご確認下さいませ。
 
未成年者の方のコース参加には、保護者様の承諾、同意書(形式は問わず)が必要です。
ダイビング前に行うブリーフィング(説明)をよく聞いて、ルールを厳守してダイビングをして下さい。
ダイビング終了時刻より18時間以上の時間が経ってからでないと飛行機に乗る事が出来ません。
移動の計画は十分ご注意ください。
HOME | ダイビング | レスキューコース & EFR