タオ島西サイドのポイント

White Rock ホワイトロック

タオ島周辺癒しスポットNo,1!!

ナンユアン島の南サイド。水面に白くぼんやりと映るピナクルを中心とするこのサイトは、透明度も安定し、サンゴ礁も弾けるほどに元気で晴れた日には「浮上することを忘れ、いつまでも潜っていたい!」と思うほど気持ちのいいダイブサイトです。タイマイやスティングレイ・巨大ゴマモンガラと、ユニークなキャラクターに加えゴルゴニアンシュリンプやレアなウミウシなどのマクロウォッチングも楽しめます。タオ島自慢のアドレナリン・ナイト・ダイブもここホワイトロックがメインです☆ ビギナー・ベテラン、レベルを問わずこれぞダイビング!!と胸を張って思える海中風景に浸ってみましょうか♪

タイマイ(ウミガメ)ハナビラクマノミイエローテールバラクーダumiushi.jpgxmas.jpgスティングレイ

ページの先頭へ

Twins ツインズ

1本じゃ見尽くせない、必ずもう1度潜りたくなるポイント

ナンユアン島の西側湾内にあるブッダ・ビューのホームグランドともいうべきこのポイントは、穏かな海況・安定した透明度もあり講習、ファンダイブともに人気の高い場所です。東西に似たような岩の集合体が並んでいる様相からツインズ(双子岩)と呼ばれています。ツキチョウチョウウオやワヌケヤッコの泳ぐ岩周りや、メイタイシガキフグ、イトヒキヨウジ、直径20cmほどもある巨大コモンヤドカリなどの変り種が見られる深場の砂地、そして一番よく行く岩と岩の間の浅場の砂地では、フォト派ダイバーに大人気のギンガハゼがひしめき合っています。”見ると幸せになれる☆”と噂の“黄色&黒色”ペアを写真におさめる夢も叶います。またこのポイントでは、長い間ダイバーにかわいがられているタオ島のアイドル”トウアカクマノミ”の一家もいます。タオを出る前日には彼らにさよならを言っていってくださいね。あなたがこの島に戻ってきたときには、ツインズのトウアカクマノミはあなたを思い出し、温かく迎えてくれるはずです。

水中風景トウアカクマノミメイタイシガキフグ
ギンガハゼ黄&黒コンビオオウミウマワヌケヤッコ

ページの先頭へ

Green Rock グリーンロック

懐かしの巨大迷路のような・・・

ナンユアン島の北側に位置するこのポイントは、背の高いメインの大岩に他の岩が重なり合うようにしてできた水中タワーが一際目を引きます。3次元迷路のように入り組んだ岩の隙間や、アーチはそこに潜るダイバーをドキドキとさせ、小さなケーブやオーバーハングの大岩が光と影の織りなす美しさを演出する・・・そこはまるで、水中の城なのです!その周りにはまるで城を守るかのように巨大なゴマモンガラやキヘリモンガラが巣を作り、近づくダイバーをにらんでいます。(怖いもの見たさで近づいてみても!?)門番達を抜けた岩の内部は、ミナミハコフグの幼魚やタテジマヘビギンポ、ピグミーゴビーにきれいなウミウシ類とマクロパラダイスにもなっています。この個性的なポイントは、訪れるダイバーをまるで物語りに迷い込んだような気分にさせてくれますよ。

アデヤカミノウミウシケーブミナミハコフグ幼魚
ゴマモンガラヒブサミノウミウシロクセンヤッコ

ページの先頭へ

Three Rocks スリーロックス

港から3分で到着!日本人好みの砂地ダイブ☆彡

タオ島の港、MaeHaadから一番近いこのポイントはブイ周辺で8~10mと比較的深度も浅く穏やかなポイントです。ブイ付近では水深1メートルほどに達する大きな岩が重なり合ってできた隙間にアカマダラハタや巨大なフグが身を潜めています。その岩々の周りを取り巻く砂地を突き進んでいくと、日本では非常に数の少ないトウアカクマノミがいたる所で見つかるトウアカパラダイスへと到達します。1本のダイブでいくつかのトウアカFamilyを覗き比べてみると、おじいちゃん・おばあちゃんのトウグロ(頭黒)クマノミや、2つの家を行ったり来たりする遊牧Family!まだイソギンチャクに着底したばかりのBaby。そして時には、卵が見つかることも☆ そのほかにも、イッポンテグリやミノカサゴ・カエルアンコウなどタオ島ではめったに見られない生物の発見情報も数知れず。ブッダ・ビューが得意とする砂地ガイディング。ぜひ、スリーロックスで味わってください。

モヨウフグワカヨウジミノカサゴ
トウアカクマノミトウアカクマノミミノウミウシ

ページの先頭へ

Mango Bay マンゴーベイ

タオ島No,1!Beautifulビーチ♪

タオ島の北端に位置するこの湾は、ボートがポイントに着いた途端に『「ワッー!きれい!!」と叫びだすゲスト率第一位☆ 思い余って海に飛び込むゲスト率第一位☆ (当社比)の実績を誇り、このビーチにタイ独特のロングテールボートが浮かんだ写真は雑誌などでも良く使われ、タオを代表する風景となっています。そのスカイブルーの水面は比較的ボトムが浅いこともありますが、大抵水中の様子が丸々見えるほどです。ハゼやオオウミウマの赤ちゃんと出会える砂地も素敵ですが、ここのリーフサイドはスゴイ!!!わずか‐5mほどのエリアに数千匹はいるのでは!?というほどのホソヒラアジのアジ玉や、それに負けじと渦巻く無数の小イワシ達が常時集まっており、充分に太陽光の届く浅場のため、どこで見るよりハッキリ・キレイに見ること、写真にめおさめることができるポイントなのです。

ホソヒラアジの玉チョウチョウコショウダイ幼魚イワシの大群
ホソヒラアジoumiuma.jpgツバメウオ幼魚

ページの先頭へ

Japanese Garden ジャパニーズガーデン

サンゴ庭園リラックスダイブ

ナンユアン島東の湾・ツインズの反対側に位置するリーフの広がるポイントです。砂地・リーフ・岩などがバランスよく点在し、進むにつれ景観の変わっていく雰囲気がまるで日本庭園のようだということからこの名前がついたようです。タイの国立公園に指定されただけあり、島内のみならず、そこから続く海の中も元気な自然が広がっています。浅い水深と閉ざされた湾内の環境もあり、ハウスリーフ的な感覚で色とりどりのスズメダイの幼魚や、さまざまな種類のハゼをゆっくり写真に撮るもよし、岩と岩との間に点在するケーブを探索するもよし、安らかにのんびりしたダイビングを楽しむことができます。

ケーブサンゴキャベッチコーラル
ハタタテダイバラクーダツキチョウチョウウオ

ページの先頭へ

H.T.M.S Sattakut Wreck サタクット

沈船は男のロマン!?

ナンホワイトロックのすぐ南、頑張ったら泳いで行く事も可能?な場所に新たなダイブサイトが誕生!2011年に沈められた軍艦 Sattakut!水底30mに沈んだ長さ約45mの大きな軍艦は今もしっかりと船の形を残したままで、船首尾にそれぞれある大砲がカッコイイ!!船のまわりには常に大量のタカサゴ軍が包み、それらを捕食しようと大型のアジ類やハタなどがウロウロ。船の中にはチョット大きめのお魚たちが住み着いています。ちょっとドキドキ&ワクワクの沈船はヨーロピアンに大人気☆なぜか毎日のように行きたがります。やっぱり沈船は男のロマンなんでしょうか?一度は行って見たいですね!

ケーブサンゴキャベッチコーラル
ハタタテダイバラクーダツキチョウチョウウオ

ページの先頭へ

ページの先頭へ



|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|